よくある質問のイメージ画像

よくある質問

当クリニックで通院時や入院前、妊娠中や出産時によくいただく質問を下記に掲載しております。 是非、一度ご覧下さい。

インフルエンザに対する対応について

1 インフルエンザ症状(38℃以上の発熱を伴う鼻水・咳・のどの痛み)を認めた場合

他の健康な妊婦や褥婦への感染を予防するために当院を直接受診されることは極力避けてください。
速やかに昼間は近くの一般内科診療所を、夜間・休日は急患センターを受診してください。
インフルエンザ迅速検査で陽性がでた場合は妊婦のどの時期であってもタミフルの投与を受けてください。

2 家族内にインフルエンザ患者が出た場合

家族の方が治療を受け治癒するまでタミフルの予防投与(通常の半分量)を受けてください。

3 家族以外のインフルエンザ患者と濃厚接触した場合

インフルエンザの症状がなければ様子を見て結構ですが、症状が出た場合は速やかに内科受診をしてください。

4 判断に迷った場合や産科的異常(下腹部痛・出血・破水)を認めた場合は当院にまずお電話にてご相談ください。

5 医療機関受診の際は必ずマスク着用してください。

続きを読む

妊娠中のパーマ、ヘアカラーについて

パーマ、ヘアカラーは胎児には影響はありませんのでご安心ください。
しかし、人によっては妊娠中は皮膚が敏感になっているのでかぶれやすい方もいらっしゃいます。
また、つわりの時期はパーマ液の臭いなどで気分が悪くなったりすることもありますのでお気をつけください。
ストレートパーマなど長時間同じ姿勢をする場合は妊婦さんにはつらいかと思います。

基本的には問題ないのですが、普段の体とは違いますのでご自身の体調、体質を考えてお決めになっていただけたらと思います。

続きを読む

妊婦さんの歯の治療について

妊娠中でも、歯医者さんに行っても良いのですか?

外来で妊婦さんに「歯医者さんに行っても良いのですか?」とよく聞かれます。
良いも悪いも治療が必要な状態なら、がんばって治さないと仕方がないですよね。

まず、おそらく最初に正確な診断のためレントゲンを撮られると思います。
歯科で行なうレントゲンの線量は少ないため、1~2回の撮影では胎児への影響はほとんどありません。
なくても大丈夫なのですが、プロテクター(鉛いりの防護エプロン)をかけてもらえば気持ちの上でもより安心ですね。

続きを読む

母子同室について

当院では原則母児同室です

当院では原則母児同室ですが、お母さんの体調が悪い時や休まれたい時には赤ちゃんを新生児室にてお預かりいたします。

続きを読む

妊娠中の検査について

当院では妊婦健康診査等助成券を利用し、受診していただいています。

妊娠中のママの健康維持と赤ちゃんの健やかな発育を促すため、当院では妊婦健康診査等助成券(以下「助成券」という。)を利用し、受診していただいています。
助成券は、母子健康手帳の交付時に、妊婦健診手帳(助成券3回分)、妊婦健診手帳(別冊)(助成券11回分)に綴じ込まれています。

続きを読む

妊娠中の出血・おなかの張りについて

「おなかがよく張ります。」「少し出血しているようです。どうしたらいいですか?」という質問は妊婦さんからよく聞かれます。

これらの症状があったら心配ですよね。
けれど、少量の出血で病院へ電話・受診してもいいのかしら?と迷う方もおられるでしょう。
おなかの張り・出血は妊娠時期によって対処方法がかわってきます。

続きを読む

お気軽にお電話下さい TEL.093-963-0317

お母さんと赤ちゃんの『第2の家』でありたい…みちおかレディースクリニックはこう考えています。

  • 私たちの想い
  • 施設紹介
  • 料理紹介

よくある質問

キーワード検索

ピックアップ!

  • みちおかレディースクリニックダイアリー
  • 分娩予約状況

MobileSite

携帯サイトQRコード

ページの先頭へ戻る